導入事例/お客様のお声

産業用蓄電システム〈BLP®〉をご導入いただいた事例やお客様のお声をご紹介。

入居者様の生活を守る設備のバックアップ

ファミリー・ホスピス京都北山ハウス 様

入居者様の生活を守る設備のバックアップ

入居者様の生活を守る設備のバックアップ

きっかけ

ESGやソーシャルという切り口でいうと、弊社の事業はその中心にとなる位置づけ。また「ファミリー・ホスピス京都北山ハウス」ではSDGsを意識して、災害体制強化、木造、炭素固定、地産地消、ZEB化を実施。防災・脱炭素の手段として産業用蓄電システム〈BLP®〉を導入しました。

ファミリー・ホスピス株式会社様

京都産木材を使用し「地産地消」もテーマに取り込んだ高断熱建築物。令和2年5月オープンの新築ホスピス/最新設備を導入し、ZEB Readyを達成。→ 詳しくはこちら(株式会社エスコ様ホームページ/外部リンク)

入居者様の生活を守る設備のバックアップ

実際の運用について

停電時の備えとして、エレベーター・エアコンなどの動力機器を動かすために産業用蓄電システム〈BLP®〉を導入しました。(その他、コンセント・照明・医療機器などの単相機器は自家用発電機で、厨房・給湯器はプロパンガスにて停電対策)
「ファミリー・ホスピス京都北山ハウス」ではガン末期の方などが最後まで自分らしく、おうちに帰ってきた感覚で暮らせる環境を整えており、その象徴の一つがお風呂です。様々な病状の方が入浴できるように、各階に異なる機能をもったお風呂を設けており、エレベーターは入浴するための移動手段となります。停電時において、移動手段となるエレベーターは生命維持装置の次に大切な設備と考えています。エアコンに関しても、真夏の停電時に熱中症を防ぎ、入所者様の安全を確保するために大切な設備です。

入居者様の生活を守る設備のバックアップ

導入の決め手

  • 価格優位性が高かったこと
  • エレベーターや空調など三相機器のバックアップが可能であったこと

産業用蓄電システム〈BLP®〉なら三相電源機器のバックアップ可能

出力30kWで三相電源に電気を供給が可能。停電時に三相電機機器であるエアコン、業務用冷蔵庫、エレベーターなどを動かすことが可能です。これらの機器の多くが災害時でも電気供給を求められる重要な機器であるため、停電時のバックアップ電源の確保が重要です。

入居者様の生活を守る設備のバックアップ

導入設備

蓄電システム 産業用蓄電システム〈BLP®〉×1台
太陽光発電モジュール 29.7kW
太陽光発電パワコン 新電元工業「PVS9R9T200C」9.9kW×3台
外部制御 ラプラス・システム社
建物種別 介護福祉施設
構造 木造
階層数 4階建て
延床面積 1,800 m²
区分 ZEB Ready

SDGsの推進

SDGsの推進

産業用蓄電池はSDGs(持続可能な開発目標)の取り組みで目標達成貢献および企業の価値向上に寄与

企業に対してCO2削減の努力を強く求められている中、蓄電池の導入で「脱炭素化」「環境問題の改善」「地域社会への貢献」などの、CSR(企業の社会的責任)活動への積極的な取り組み、環境に配慮する企業活動は「企業の強み・価値」の向上につながります。

お問い合わせはこちらから

産業用蓄電システムの資料請求、お問い合わせなど、お見積もりなど、お気軽にご相談ください。

産業用蓄電システムを実際に導入されたお客様のお声 産業用蓄電システムを実際に導入されたお客様のお声